【長編翻訳小説】2.アドリアン・イングリッシュシリーズ ジョシュ・ラニヨン

今日も翻訳小説です!


天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)

天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)


LAでミステリ専門の書店を営みながら小説を書くアドリアン・イングリッシュの元をふたりの刑事が訪れる。従業員であり友人のロバートが惨殺されたのだ。前日レストランで口論して別れたアドリアンに、殺人課の刑事・リオーダンは疑いの眼差しを向ける。調査に乗り出したアドリアンだったが、犯人の深い憎悪と狂気はやがてアドリアンに向かう。彼の危機に飛び込んで来たのは!?それぞれの運命と向き合う男たちを描き上げたM/Mロマンスの金字塔、ついに刊行。

2019/4/22時点
全四巻 番外編一巻 完結済

以下、ネタバレ注意

今日はナイトランナーシリーズとは違いがっつりBLです。
ちゃんと致すところまであります。
(向こうではM/Mって言うのかな?)

ミステリー×BLロマンスって感じです〜
基本の事件は1冊完結型で、2人の関係が少しずつ進んでいきます。
1冊が分厚くて読み応え満点です( ・ㅂ・)و ̑̑

わりと日本人ウケする作品だと思います。
海外の作品って筋肉×筋肉がけっこうあるイメージだけど、これは受けは華奢で病弱だし、攻めは筋肉質っていうBLの王道CPなので。

華奢で病弱だけどクールでわりと無鉄砲。
でも、そこが良い!
デリカシーなさめな攻めがヒヤヒヤさせられてます( ・∀・) ニヤニヤ

主人公のアドリアン古書店を営む店主で、攻めのリオーダンは警官。
とある事件を切っ掛けにリオーダンが容疑者としてアドリアンの元を訪れて知り合う2人。

アドリアンはゲイだって自覚していて家族にもカミングアウト済み。
だけど、リオーダンはゲイだってことは隠していてあまつさえ女性の恋人までいます。

3巻では結婚するとか言い出すからね……(震え声)

惹かれ合いながらも何度も離れようとするのに事件が2人を引き離してくれない(´艸`)

結局、事件は解決させつつ2人の関係は一進一退を繰り返しながら物語は進んでいきます。


この焦れったさとリオーダンへの憤りを楽しむ作品です。(キッパリ)

リオーダンの煮え切らない態度に何度腹を立てたことかε=(`・д・´)プンプン!!

彼女とは付き合って結婚まで進めておきながら、アドリアンにも変わらず手を出し続けるとか、お前は攻めの風上にも置けん!

そりゃあ周囲へのバレとか葛藤があるのは分かるけどさ……

何度、頬をはり飛ばしたい気持ちになりながらも、アドリアンの幸せを願いページをめくり続けたことか。

焦れ焦れさせられた分、最終巻はほんっとうに感動しました。


洋書の作品だってBLも普通に楽しめました。
萌は世界共通!!

ぜひともご一読を!

【長編翻訳小説】1.夜に彷徨うもの ロブ・サーマン

今回も私は大っっっ好きだけど知名度低いものをご紹介。


夜に彷徨うもの〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)

夜に彷徨うもの〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)

内容(「BOOK」データベースより)

キャルは魔物の父と人間の母との間に誕生した。しかしその魔物の血ゆえに母に疎まれ、父には追いかけられる。唯一、キャルの存在を認め、守ってくれるのは兄のニコ。ニューヨークの雑踏にまぎれて二人は待ち続けた。魔物たちから忘れられる日を。だが、それが夢でしかないことを思い知らされた時―。


2019/4/21現在 翻訳版4巻(未完)

※本国では続刊刊行




兄弟好きは集まれ〜!!!


もうね、ものすっごい好きなのこの作品。

なのに、4巻以降の翻訳版が刊行されないんです。゚(っ´;ω;`c)゚。


やっぱり洋書の翻訳だけあって、少し文章に癖があるのは否めないのですが、それを差し引いても激萌え作品なのに!


アメリカのニューヨークを舞台にイケメンの兄弟が、化け物達と死闘を繰り広げながらイチャイチャしてる作品。※恐ろしく偏見が入った見方です。



主人公のキャルはオーフィと呼ばれる化け物と人間のハーフで、その半分の血のせいでオーフィに狙われる生活をしています。


もう1人の主人公であるお兄ちゃんのニコは完全に人間なんだけど、めちゃくちゃ強くて弟を守ることが第一優先。


2人はお母さんが同じ兄弟。

とりあえず2人の共依存がすごい。



萌えポイント多すぎて文章すると長いので、下に箇条書きさせてもらうと


・イラストは高階さん

・人間なのに弟よりも強いお兄ちゃん

・精神的に共依存関係(死ぬ時は一緒とか後追い発言とか)

・彼女よりもお互い優先

・浅黒い肌で金髪のお兄ちゃんに対して、真っ白い肌で黒髪の弟

・弟は過去に拉致された過去あり

・狙われる受け(弟)を守る攻め(兄)という構図

・精神的に脆い所のある主人公

・要所要所でぶち込まれるお兄ちゃんに甘える描写

・ニコの武器が日本刀みたいなので、キャルの武器は銃

・2人の性格の対比具合

・弟を育てたのは兄

・よく怪我をする弟を助けるお兄ちゃん

・最後、ほんとに勝ち目がなくなったらお互いだけで心中を決める2人だけの世界観

・物語の視点は弟視点←ここ受け視点からしか作品読めないので重要


(´Д`)ハァ

良き。


すごく良きなんです!

ストーリーは結構重いですし、敵も強くて絶望的な展開が多いのですが、それを加えてもイケメン兄弟の共依存から目が離せない。


昔話とかも所々で入ってくるのですが、それが可愛いのなんの。

子供の頃からニコが頑張ってキャルを育てたりしてるのがもうほんと可愛い。(お母さんはキャルが化け物の子だって知ってるのもあり、完全に育児放棄してるんですよね)



しかも、いつもは意地っ張りなキャルも心の底ではお兄ちゃんが1番優先な所がほんと。


お前ら両想いやんけ!!


お互い良い感じになる女性はいるのですが、結局最後はお互いが1番なのがほんと萌える。


自他共にそれは自覚していて、「俺たちって共依存関係だよな」「どうせそういう関係になるならお前がいい」みたいな発言もあって、ほんとにもうもうもう!!ってなります|˙꒳​˙)



下手したら普通のBL小説より萌えます。



なのに、続きが出ないんですよ(;ω;)ブワッ


本国ではかなり先まで発売されているのに、翻訳版は4弾で止まってます。


イラストの高階さんも素晴らしいのに、何故出ない!!!

やっぱり知名度が低いからでしょうか。。。



すっごく続きが読みたいのに、英語能力が無いせいで読めないこの状態(´;ω;`)ウオオオオオオ



続きを読みたいって言い続けて軽く5年は過ぎてます。



だれが1冊5万円払うから翻訳して。。。

(知り合いだと性癖がバレるので頼めない)



ぜひとも、ご一読を!!!!

【長編少女漫画】3.艶漢 尚 月地

期間空いちゃってごめんなさい。。。

プライベートでバタバタしてて、中々更新出来なかったです。


さぁ、久々の更新はこちら!!


艶漢 (アデカン) (1) (ウィングス・コミックス)

艶漢 (アデカン) (1) (ウィングス・コミックス)

  • 作者: 尚月地
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2008/09/01
  • メディア: コミック

説明

ユルい着流しにノーフン(フンドシしてないってことダ)がちな妖艶系ぼんやり傘職人・詩郎と、だらしない人がぜんぜんゆるせない熱血正義漢(妹萌え)な巡査殿・光路郎が、世界の果てのまぼろしみたいな裏町でエログロ猟奇な事件に巻き込まれる! 眉目秀麗悶絶お色気アクション・パノラマ百貨店、この阿片的中毒性!尚月地の処女作第一集!




2019/1/10既刊12巻 未完




これもまた罪深き作品……

まずイラストがお美しい。。。
繊細でいてどこか和風エロティックで漂うノスタルジックさ(←語彙力の欠如)と中毒性の高いイラストです。

そして、中毒性があるのはイラストだけではない。

エログロでダークでおバカなストーリーも魅力。
基本は1話完結型なのですが、1話1話のストーリーが、本当に人間って怖いよね……って思わせる作品です。

たまにホロっとさせるのかと思いきや、やっぱりダーク!っ的なネタも満載です。

そして、なんと言ってもキャラクターも良い!!

主人公の詩郎は見た目はもう線が細くて儚げな美少女なのですが、中身はぐうたらながめつい性欲満載な漢そのもの(笑)

褌もはかずに着流しを着る変態です。
色んなコスプレをさせられたり、自分で着てたり、あと良く脱いでます。

一方の光路郎は爽やかな好青年風の見た目のくせに、中身は正義感の強い熱血漢で、むしろ暑苦しい。

そんな2人の相性がとにかく良い!

お互いがお互いを大切に思ってることはもちろんなのですが、基本的には中学生男子のノリ。

普通のBLならキャッとなるような接触も、あら不思議。
この2人だと、たちまちギャグに早変わりです。

下ネタも突き抜けてて面白い。
普通に貫通やら、自主規制やらのワードがオンパレード(笑)
限りなく下品なはずなのに180度違うキャラのイラストのおかげで不思議とそこまで下品に見えないww

シリアスになりそうなのに、そこまで重くならないのも良いですよね。
軽くなり過ぎず、かと言って重くもなり過ぎず、本当にギャグとシリアスの絶妙なバランスを取ってます。

※現在ストーリーは詩郎の故郷の話に迫っていて、どんどん壮大になってきています(*´ω`*)

肉体美、エログロ、愛憎などなどいろんな点で楽しめます。

ただ1点。
刊行スピード早まれ〜

ぜひともご一読を。

【長編少女漫画】2.雷神 森みずほ

今回は、面白いのに知名度の低い!ってものを。


雷神?ライディーン? 1巻

雷神?ライディーン? 1巻

  • 作者: 森みずほ
  • 出版社/メーカー: Beaglee
  • 発売日: 2016/04/28
  • メディア: Kindle

内容紹介
平安の昔、鬼を封じたとされる源頼光とその一派の渡辺党、藤原保昌らの子孫が、現在においても鬼封じの戦いを続けているという内容のサイキック・学ラン・アクション。少年達はそれぞれに暗い過去や辛い宿命を背負いながらも戦い続ける……。
全11巻完結

面白いのに知名度ひくーい!!!
イラストに少し癖があるからですかね??
出版社がマイナーだから??

あ、1996年の作品なので今だと紙媒体で手に入れるの難しいかもです…
私は電子書籍で全巻購入しました。

※以下ネタバレ注意

作者も認める通り途中からめちゃくちゃBL臭くなります!
最高( ・∀・) ニヤニヤ

主人公は子ザルって呼ばれてる涼と、同級生でイケメンライバルの一成。で、涼の側近として歳上の忍がいます。

ま、よくある感じで普通の高校生活送ってたらある日鬼が現れて、戦いに巻き込まれて行く的なスタートです。

腐女子的最大の見所はズバリ三角関係(`・ω・´)キリッ

主人公の涼を巡って、一成と忍が対立してる構図なのですが、序盤は完全に当て馬だった側近の忍が、後半メキメキと頭角を表していきます。

最終巻ではとうとう涼から愛のお言葉いただいちゃいます«٩(*´ ꒳ `*)۶»

逆に一成はちょいと弱いところがあり、度々戦線離脱したりと、涼とのイチャイチャイベントは多いのですが、いっちばん最後で忍に取られた感があります(笑)

とりあえず、抱きつくわ、肩に凭れるわ、押し倒すわ、キスするわ、駆け落ちするわ、精神探査という名の強姦はあるわ、って友情や親愛にしては行き過ぎたスキンシップに溢れてて非常にけしからん、もっとやれ状態です。

中盤なんか、涼を殺して自分も後を追おうとする忍と、涼が死んだら自分も死ぬから生きろって言う一成との駆け落ちを、やっぱりストーカー忍が追い掛けてくるホラー展開Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

お互いがお互いに、あいつに渡すくらいなら自分が涼と死んでやる!とまで言い出す始末。

怖いわ、あんたら。
無駄に威勢がいいのはなぜなんだ。


BL風味はもちろん、こういう1990年代〜2000年代初頭の世紀末ものでSFサイキック和風アクションでほんのり匂い系とかもろくそ好みです。

ちなみにこういう作品あるあるでヒロインは序盤でフェードアウトします(笑)



あれ、友情とか主従とか執着とか和風SFサイキックってどこがでみたような…うーん( ・᷄ὢ・᷅ )


…………!!!( ゚д゚)ハッ!!!!
炎の蜃気楼か!!!!

ってなりました(笑)

私の人生のバイブル、ミラージュ。
いつか感想上げたいのですが、今はまだ書ききれなさそうなので……。

とりあえず、炎の蜃気楼好きなら気に入ること間違いなしです!
あ、イラストにこだわりのある方は厳しいかも(´・ω・`)

面白いのに知名度低いので悲しいです。。。

ぜひともご一読を。

【長編BL小説】1.少年は神の花嫁になる 夜光花

今回は小説いくぞー!


少年は神の花嫁になる 【イラスト付】 少年は神シリーズ (SHY NOVELS)

少年は神の花嫁になる 【イラスト付】 少年は神シリーズ (SHY NOVELS)

  • 作者: 夜光花
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2017/11/01

説明

内容紹介

呪いを解く方法は男同士で子供をつくること!? 

高校生の海老原樹里にはコンプレックスがあった。それは黙っていれば完璧と言われる外見の美しさだ。 
男で綺麗だなんて、いいことはなにもない! 
そう考えて幼い頃から武道を学んだ結果、同年齢相手の喧嘩なら負けない自身がついた。 
ところがある日、学校の行事として湖に落ちた樹里は、見知らぬ世界に連れていかれてしまう。 
そこで、特別な存在である神の子として、王子や神官たちと一年過ごすことになり!? 



全七巻完結


はい!!

言わずと知れたBL小説界の大御所、夜光花さんです。

イラストの奈良千春先生とのタッグも強力です。


※以下、ネタバレ注意!!


夜光花先生の作品はファンタジー×三角関係が多いイメージですが、今回も例に漏れず(笑)


主人公の樹里は湖から西洋感漂う異世界へトリップしてしまいます。

もうね、ほんと夜光花作品の良いところは、すっごいファンタジーが本格的でワクワクさせられる所なんですよ!


しかもこの後、異世界のイケメン攻めとあーんなことやこーんなことになるんでしょ?ってワクワク(?)しながらページを進める手が止まりません。


さて、もう1つの見所である三角関係。


今回はメイン攻めのアーサー王と騎士のランスロットの間で主人公の樹里が板挟まれます(*´ω`*)


夜光花先生の別作品、薔薇シリーズの方もファンタジー×三角関係なのですが、そっちは見事に三人で仲良く一妻多夫関係を築き上げているのですが、こちらのランスロット滑り台行きのようでした。


良い男なんだけどな〜

途中アーサーが信じてくれなくて、ランスロットが味方してくれる展開とか、単純な私はランスロットに乗り換えろやー!って叫んでましたし。


でもでも、最近パラレル世界としてランスロット×樹里のシリーズが開幕されたと知ったので、完結したら一気読みをすることにします。


あとこの作品、人によっては地雷かもしれませんが、受けの体の一部女性化、妊娠出産があります。


私は好みむしろドストライクの展開なので、美味しく頂きました。ごちそうさま。


辛い展開も跳ね除けて、最終的にはメインの2人はほぼバカップルなので、なんだか幸せな気分になれます。


(´д`)はぁ。

BL×ファンタジーっていいな、ってしみじみ思わせてくれる作品です。


ぜひとも、ご一読を。

【長編BL漫画】2.明日はどっちだ! 山本小鉄子

本日はこちら。


明日はどっちだ! (HertZ&CRAFT)

明日はどっちだ! (HertZ&CRAFT)

説明

内容紹介

おとぼけで明るいママのもと、美少女のように育てられた星が町内美少女コンテストで優勝した年、 
土佐山田京一、顕の兄弟が隣に引っ越してきた。 
男らしい見た目に、無愛想で喧嘩の強いふたりは、星の憧れそのものだった。 
それから数年──。 
土佐山田兄弟は、狂犬兄弟として有名になり、星は男らしく、男くさくという本人の希望に反して、 
華麗な美少年に成長していた・・・ 
無愛想で無口な顕と、意地っ張りな星の恋が始まる!!


2019/1/5原作 既刊4巻 未完

萌えるぞー(*。>∀<)9

なんだかかるーく普通のBL漫画の感想が書きたくなったのでチョイス。

※以下ネタバレ注意

とりあえず無愛想×意地っ張りの2人が可愛い!!

けっこう早い段階から両想いの2人なのですが、お互いの性格と関係ゆえになっかなか素直にいかないんですよね〜

なのに、つかず離れずと言った感じで関わってはいる( ´艸`)

主人公の星(きらら)は見た目はそりゃあもう絶世の美少女なのですが、中身は本当にやんちゃでおバカな男の子って感じです。
お母さんにも「ババア」とか言っていっぱしに反抗してるのですが、どこか可愛げがあって憎めないキャラクターです。

バ可愛いってこういう事を言うんだろうな。

お相手の顕は狂犬と称されるほど喧嘩が強くて無愛想。
でも星のピンチには駆けつけて助けてくれるヒーローなんです。

星の事が好きなのに、つっけんどんな態度を取ってしまい喧嘩ばかりしてしまいます。

でも、幼なじみで家が隣で親同士が仲が良いので、頻繁に夜ご飯に呼ばれたりして何だかんだと交流はあるんですよ(*´ω`*)
顕も星のお母さんには強く出られなかったりと、なんか幼なじみって良いですね。

エロとかはないのですが、じれじれしながら距離を縮めていく過程が本当に良いんですよね〜

しかもしかも、星ったら本人の意志に反してどんどん綺麗になっていっちゃうのに、相変わらず喧嘩っぱやいから顕も内心ハラハラ。
普段はつっけんどんな顕が裏では星に振り回されてるって言うのがもうフフフ(´^∀^`)フフフ…です。

お互いがお互いを好きなのにくっつかない、でも所々のイベントでニヤニヤさせられるそんな素敵な作品です。

ぜひともご一読を。

【長編女性漫画】1.さんかく窓の外側は夜 ヤマシタ トモコ

これも大好きな作品です(*´ω`*)

ジャンル分けに迷いましたが女性漫画にしておきます。


さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)

説明

書店員の三角は、昔から不気味なモノを視てしまう体質で、除霊師の冷川にその才能を見い出され、無理やりコンビを組まされてしまう。 冷川はすご腕ではあるが、情緒や生活能力に欠けており、お茶出しや「空気読み」など三角の出番は多い。 そんな中、ある殺人事件に遭遇し…。 日常に潜む恐ろしくかつ不思議な現象を見つけてはズバリ解決、凸凹コンビの霊感エンタメ!






2019/1/4現在既刊6巻 未完



有名なヤマシタ先生の作品です。

BLと言うよりは匂い系?の感じですね。


ホラー×匂い系×日常って感じ??



※以下、腐女子的な視点の感想とネタバレがあります。


主人公の三角(みかど)くんは見えてはいけないものが見える体質なのですが、ある日勤め先の書店で除霊師の冷川さんから「運命だ」と告白?スカウトされてコンビを組まされてしまいます。


冷川さんと協力して掃除屋として依頼者からの心霊現象を探っていくことになるのですが…といった始まりです。



幽霊退治や払い物の漫画ってちょくちょくあるのですが、これはその中でもピカイチです。


ここに出てくる幽霊がまた怖いのなんの…(・・;)

見た目はそこまでグロいわけではないのですが適度に気持ち悪く、なにより動きが不気味。。。

理性がなくて意思疎通が無理そうな幽霊ばっかりです。


主人公の三角くんは適度にさっぱりしてて、良い人で、常識人って感じが良いです。

幽霊に対抗するためにボクシングしてたりとかわりとスポーツタイプ。

あと地味に見た目もカッコイイ。


対する冷川さんもかなりの変わり者です(笑)

イケメン?優男?って感じなのですが、いわゆる一般常識とデリカシーが欠けています。

突拍子な発言で依頼者をイラつかせる事もしばしばあり、その度に三角くんがフォローしている場面も多々あります。

でも、浮世離れしているのかと思えば意外とお金にがめついです。

ただあまり慌てるという事がないので、怖い時も頼もしい感じはあります。



そして、腐的な目線から見ると冷川さんから三角くんへのラブコールがすごい(*´ω`*)

最初のスカウトから始まり、一緒に同衾やら、自分のものにしたいやら、けっこう三角くんへのアプローチに照れがありません。


除霊方法もいちいちエロいんです。

ってか、あの行為を連想させるのはワザとですよね!?


三角くんの中の核を通して冷川さんが退けるのですが、自分の中の剥き出しの核に触れられるので三角くん的にはめちゃくちゃ気持ちいいらしく(性的に)そういう行為が直接ある訳ではないのですが、三角くんの耐える表情がたまりません( ´艸`)


中に入るっていうのは暗喩ですよね、確実に。

除霊のシーンなどは萌えてるのか怖いのか分からないくらい複雑な感情が混ざり合います(笑)



脇を固めるキャラクター達も魅力的です。


女子高生ネクロマンサーに、彼女の強面ボディガード、若作りの同業者、訳アリな父親などなど。


単発的に依頼をこなす反面で、とある宗教施設の存在が明るみになっていったりと、1つの大きな問題に立ち向かっていくという流れもあります。



そして、なにより付き合ってないのが不思議なほど特別な絆で結ばれている2人。

(実際、周りのキャラクターからは「付き合ってなかったの!?」って驚かれるシーンもあります)


もうね、愛とか恋とかそういうありきたりな関係では名付けられないんですよ。

ほんとに言うなれば「運命」と言った感じの、超自然的な名前の方がしっくりきます。


変にベタベタしてる関係ではなく、お互いけっこうドライな性格なのに離れられない感じ、良いですよね〜( ´艸`)


ぜひとも、萌とホラーとストーリー両方の面から楽しんでください!